*

ブルーベリーとアントシアニン

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 情報 ,

ブルーベリーにはアントシアニンという栄養素が含まれています。

サプリメントや健康食品としての摂取やジャムとしての利用も最近増えてきています。

アントシアニンという成分には、疲れ目・視力回復に対する効果があり、目を使うことの多い人にとっては必須の栄養素といえます。

アントシアニンの作用は、光の刺激を脳に伝える働きを活性化させ、目の機能を向上させたり、目の疲れを回復させたりする事によって、目の健康の全般的な向上に働きます。

ブルーベリーの健康効果は、目だけに限りません。

アントシアニンはいろんな病気の要因となる血圧の上昇を抑制する作用があり、血小板の凝固を抑制し、血栓を作りにくくします。

食物繊維も多く含んでいるので便通の改善にも効果を発揮するといわれています。

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で青紫色の天然色素成分です。

ブルーベリー、ぶどう、赤じそ、なす、さつまいもの皮などに多く含まれており、 強力な抗酸化作用、視覚機能改善、眼病予防効果、血圧上昇抑制などが期待されています。

またアントシアニンには植物が紫外線によるダメージから自らを守る働きに寄与しており、人間でいえば、メラニンと同じ役割を果たしています。

人間は太陽から紫外線を受けるとメラニン色素で肌を黒くして体内に紫外線が入ることを防いで細胞が傷つかないように守りますが、植物も同じようにアントシアニン色素を作って紫外線から自らを守っています。

「イギリス軍のパイロットがブルーベリージャムを食べたところ暗い所での視力が改善されてはっきり物が見えるようになった」という第二次世界大戦中の話から、 ブルーベリー に含まれる アントシアニンは効果があると考えられています。

このアントシアニンをサプリメントで手軽に摂取できるもののひとつに、わかさ生活のスーパーブルーベリーアイがあります。

IMG_0014_00001_R

スポンサードリンク

関連記事

Screenshot_2017-04-30-10-10-10

AQUOS K SHFシリーズの携帯カレンダーデータを利用する方法

AQUOS K SHFシリーズ(SHF31,32,33)を使用している方にとって有益な情報です。

記事を読む

no image

ゴールデンウィークおすすめ日帰り 関東 バーベキュー

WILDMAGIC-THE THIRD PARK- わいるどまじっく ざ さーど ぱーく 都心

記事を読む

no image

疲労回復の方法

疲労について 肉体的疲労と精神的疲労に分けて考えましょう。疲労は体が異常を伝える大切なシグナルです

記事を読む

images-150x150

au版iphone5(無印)を格安SIMのmineoに乗り換えた 2

au版iphone5(無印)を格安SIMのmineoに乗り換えた1で書いたように、au版iPhone

記事を読む

ビット

仮想通貨は確定申告を必ずしましょう

2017年分の確定申告期限が3月15日に迫っています。今年の注目はなんといっても、仮想通貨でしょう。

記事を読む

ドライアイと症状

ドライアイに悩む人がとても増えてきています。 高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使

記事を読む

no image

ウィルスソフトはWindows Defenderだけで大丈夫?

Windows Defenderはウイルスやスパイウェアの対策ソフトです。 しかし、「ウイルスバス

記事を読む

母の日とプレゼント

母の日に、息子、娘に期待する事というアンケートの結果は、ありがとうの一言だけでよい、一緒に食事する、

記事を読む

二枚爪を爪切りを変えて治す

切れが悪い爪切りは二枚爪になる原因のかなりの割合を占めています。 青いラインの左部分の

記事を読む

no image

台風第6号の台風最新情報 5月に台風接近という現象

5月12日16時45分 気象庁予報部発表 台風第6号は、足摺岬の南約150キロを1時間におよそ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
電子メモ帳 12インチ 使ってみた

新型電子ペーパーとして、手書の代わりをするタブレット・スタイルの新型電

ビット
仮想通貨は確定申告を必ずしましょう

2017年分の確定申告期限が3月15日に迫っています。今年の注目はなん

no image
にんにく注射の成分について

今話題のにんにく注射ですが、実際に打ったことがある人はそう多くはいない

にんにく
にんにくと疲労回復

にんにくが疲労回復に効果があることは多くの人に知られています。にんにく

no image
疲労回復の方法

疲労について 肉体的疲労と精神的疲労に分けて考えましょう。疲労は体が

→もっと見る

PAGE TOP ↑